下呂ナビ 下呂市の観光マップ 陣屋の刀傷
道の温泉駅かれん
Home情報コーナーご利用案内お問い合わせ
陣屋の刀傷
深く削られた柱
明治維新と梅村騒動
版籍奉還により1868年(明治元年)、旧幕府天領であった飛騨国は飛騨県となり、すぐに名称は改称され高山県となる。水戸藩士梅村速水は、27歳にして初代高山県知事に就任。
梅村は改革を進めたものの、旧天領であり保守的な考えの強い県民と、梅村知事の急激な改革は、両者の対立を招くこととなる。梅村は神官や僧侶を役所に集めて教諭方に任じ、各村々へ派遣して新しい政治に従うよう説得にあたらせ、事態の収拾に努めることとなる。
しかし、1869年(明治2年)2月29日、梅村の京都出張の留守を機に、米の売下げ問題がきっかけとなり住民が蜂起する。これが梅村騒動始まり。高山町(現高山市)では打ちこわしが発生し、これが飛騨一帯に飛び火することとなり、人々は、教諭方に任ぜられた神官や僧侶を梅村の一味と考えて、それらの居宅を次々と襲いかかった。
梅村は、騒動が起きたことを京都で知り、すぐに飛騨に戻り鎮定しようとする、しかしすぐには入らず、一旦、飛騨萩原(現下呂市)で宿泊することとなる。これを知った群集は、その道すがら梅村に加担した人の家を壊しながら、梅村を襲うため、槍、銃、竹槍をもち武装して続々と萩原へ向かった。その激しい「打ちこわし」の面影を残しているのがこの「陣屋の刀傷」。
若い知事は意気にもえて次々と新政策を計画したものの、あまりにも急進的であったため、素朴な飛騨の人々の心をとらえることができなかったようである。
現在その傷跡は、小物をあつかっているお店の奥の住宅に残っている。
 観る | 町並み 史跡・文化財 | 萩原
ここがポイント!
明治維新の騒動の傷跡が今でも生々しく残っています。
数多く残っている刀傷静寂のなかに明治の騒動が…ファンシーショップ「陣屋」おみやげに!
このスポットのデータ
住所岐阜県下呂市萩原町萩原1373
アクセス国道41号線を高山方面へ、萩原商店街入口よりすぐ。
TEL0576-52-1560
営業時間ファンシーショップ「陣屋」:午前9時より
定休日ファンシーショップ「陣屋」:日曜日
駐車場すぐそばに「すわ名店街駐車場」あり。
その他
パソコン URL
ご案内
下呂ナビ-モバイル開始!
飛騨街道はぎわら宿
萩原町商工会「南飛騨なんでも宅配便」
下呂ナビを楽しむカテゴリー
観る
資料館 史跡・文化財 神社・仏閣  花火 自然景観 巨樹・古木 像・岩石 町並み  
遊ぶ
リゾート キャンプ スポーツ 公園 
体験する
温泉 体験(山・川) 体験(文化・工芸・その他) 
食べる
物産 グルメ 
下呂ナビの地域カテゴリー
下呂 萩原 小坂 金山 馬瀬 
下呂ナビのおすすめコース
萩原しだれ桜コース
しだれ桜めぐり
市内桜めぐり
マイナスイオンの滝
遊歩道のらくらくコース
田園風景と清流
温泉と清流馬瀬川
さわやか下呂温泉
小坂川と巌立峡
歴史を感じる位山官道
自然いっぱい農道のんびり散策
史跡めぐりと温泉
自然満喫ウォーキング
萩原観光と酒蔵見学
滝と温泉と酒蔵
飛騨小坂温泉郷
下呂市内清流・歴史めぐり
歴史と川西街道
益田街道南コース
萩原商店街散策


下呂温泉観光協会
下呂市のホームページ
南飛騨なんでも宅配便
あさぎりスポーツ公園・飛騨川公園
御前山を愛する会
益田川漁業協同組合
小坂町商工会ホームページ
金山町商工会ホームページ
萩原町商工会ホームページ
下呂市馬瀬商工会ホームページ
下呂市内商工会ホームページ
哲ちゃんの下呂探訪
岐阜県グラウンドゴルフ協会


陣屋の刀傷の場所
 |