今やEDに悩む患者は日本国内で1,130万人にも上ると言われ、40代以降の男性は3人に1人がEDに悩んでいると言われています。
まったく勃起がしないと言う方もいれば、勃起はするけれど硬さが柔らかく挿入が困難である、など人それぞれが違った悩みを抱えています。

どんなに年老いても、若々しい勃起力を望むことは決して恥ずかしい事ではありません。
そんな方でもED治療薬を服用することで、誰でも若きし頃の勃起を手にすることができる、それがED治療薬です。

今現在、日本国内では「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」とこの御三家が流通し、実際のED専門クリニックなどに出向いても入手できるのはこの3種類のみです。

それに付け加え、海外では「ステンドラ」と言った第4のED治療薬と呼ばれる、全ての良いとこ取りをした、ED治療薬が注目を集めています。
日本国内で入手することができませんが、通販サイトを利用することで購入することが可能です。

この記事ではED治療薬を使いたいけどどれがいいのか分からない
自由診療で購入しているけど値段が高く、続けることが困難です。

こういった方々のためだけに、このサイトを作らせていただきました。
安く購入する秘訣、自分の体質にはどれが合っているのかなどをまとめたので、是非参考にしてみてください。

まず初めに何故日本国内の医療機関でED治療薬を入手する場合、高額になってしまうと思いますか?

理由は全てが「先発薬」と呼ばれる、1番初めに開発されたED治療薬だからです。
先に販売した医薬品を先発薬、後から同じ成分に飲みやすさや味を付け加えたものをジェネリックと呼びます。

先発薬を開発するためには、多額の金額と膨大な時間を必要として開発されています。
実際の人体を使った臨床試験、効果をより際立たせるための調合、そして服用者を考慮した副作用を起こさないためのケアなど挙げるとキリがありません。

そのため実験費や薬剤費用は数十億円にもなると言われているため、私たち利用者が入手できるころには、費用回収を行わなければいけないためどうしても高額になってしまっているのです。

つまり医師の診察を受けて、ED治療薬を入手するとなると、日本国内ではジェネリック医薬品の種類が少なすぎて、先発薬を選択するほかない=高額の医療費を払い続けることになります。

また、ED治療薬は全ての男性が服用できるわけではありません。
医薬品には併用することにより、副作用が強く出てしまったり、頻度を上げてしまう危険な飲み合わせが存在します。

ED治療薬であれば以下のようなものとは併用禁止とされています。

■ED治療薬との併用が禁止されているもの

  • 硝酸剤及びNO供与剤
  • ニトログリセリン
  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド等

上記のものと併用してしまうと、降圧作用が増強し、極度の低血圧を引き起こす危険があるためED治療薬を服用することはできません。

  • アミオダロン塩酸塩
  • アンカロン錠

これらはQTc延長作用が増強する可能性があるため、併用してはいけません。

  • sGC刺激剤
  • リオシグアト
  • アデムパス

これらは症候性低血圧を引き起こす危険性があり、併用することはできません。

このように、ED治療薬は男性が望む勃起力を取り戻し、いつまでも性ライフを幸せにしてくれるお薬ですが、誰でも服用できるわけではないのです。
では併用することが不可能な医薬品が終わったところで、次はそれぞれのED治療薬である種類と特徴、そしてどんな人に向いているのかなど詳細を書かせていただきます。

バイアグラ

特徴

バイアグラは1999年、アメリカで誕生したED治療薬の先駆けともいえる「世界はじめて」のED治療薬です。

その勃起力は確かなもので、御三家であるレビトラやシアリスと比べ、勃起力は群を抜いてトップレベル、固さ、効果が出るまでの速さも申し分ありません。

先発薬バイアグラの名に恥じない力強い勃起力が、今も世界中の男性が選ぶポイントとなっており、バイアグラ以外は飲まないと言う男性もいます。
効果が出始めるまでに1時間程度、1度効果を発揮すれば4時間~6時間(個人差あり)ほど効果を持続させることができます。

ただ注意したいのが効果が強い分、副作用も多少強く出てしまう場合があります。

まず食事の影響を受けやすく、バイアグラを服用する前に高カロリーな物、満腹状態などにしてしまうと、バイアグラの成分を吸収せずに排泄として出てしまい、効果を得ることができない場合もあります。

ED治療薬の副作用である鼻づまり、充血、動悸など軽度な副作用ですが、発生頻度はレビトラやシアリスと比べると引き起こしやすいです。
確かな効果を得たい、そして知名度の高さと安心性を選びたい、そんな方にバイアグラは非常におススメできるED治療薬です。

効果・効能

バイアグラの成分はシルデナフィルと言う有効成分となっています。
このシルデナフィルは血管拡張作用があり、服用することでペニス付近に集まる毛細血管の隅々まで血流を流して、勃起力を高めます。

もっと詳しく専門的なお話しをすれば、勃起している間は勃起を維持するために必要な血液量が陰茎内部に入り込み、海綿体と呼ばれるスポンジ状の部位が十分に膨張することでペニスも固くなります。

しかしEDの場合、勃起を静めてしまうPED-5と呼ばれる酵素が妨げをして、十分な勃起をすることができません。

有効成分シルデナフィルは、血管拡張を行い血液の循環を良くするだけでなく、このPED-5を阻害することの二重作用によって、しっかりとした勃起を起こすことができます。

副作用

バイアグラの副作用として、代表的なものは以下のようなものになります。

  • 顔のほてり
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 胃の不快感

その他にもありますが、主に代表的な副作用としてはこういった軽度のものになります。
冒頭でもお話ししたように、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは血管を拡張し、血液循環を良くして勃起を維持します。

そのため、血液の流れはペニス周辺だけでなく、全身にも影響を与えるため顔のほてりや動悸などが起こりやすいと言われています。

しかし反対に副作用が起こったと言うことはバイアグラの効果が身体に馴染んだという証拠にも繋がります。
そのためこれらの副作用が現れた場合には、バイアグラがしっかり効いていますよと言ったサインとしてとらえておきましょう。

これらの症状は薬の効果がきれたタイミングで、自然と消えるものですが、長引く場合や身体に異常を感じた場合には医師に診てもらいましょう。

まとめ

バイアグラは今もなおEDを改善するための最も有効な手段として日本だけではなく、世界中が処方するED治療薬です。
日本の医療機関で処方してもらうことも可能ですが、自由診療の扱いになってしまうため、診察代や薬代などを考えると高額になってしまいます。

通販サイトを利用すれば、このようなわずらわしさや費用を格段に抑えることもできるため、EDに悩む全ての男性がお得になります。

  • 今現在、医療機関で処方してもらっている方
  • これからED治療薬を飲んでみようと考えている方
  • 他のED治療薬では効果が不十分だと言う方

これらに該当しつつ、力強い勃起力、効果の出始める時間帯を考えたくないと言う方にバイアグラは非常におススメなED治療薬と言えるでしょう。

シアリス

特徴

シアリスは2007年9月に国内で販売開始された、国内3番目のED治療薬です。
シアリスはED治療薬の中でも世界トップシェアを誇る人気のED治療薬で、その最大の特徴は何といっても「持続時間の長さ」に限ります。

御三家であるバイアグラやレビトラは効果の持続時間が4~6時間と、セックスをする時間を考えれば十分なものと言えます。
しかしシアリスは服用する用量によって違いはあるものの、最大で36時間の効果を続けることができるため、事前に服用しておけばいつ、いかなる場合でも勃起を起こすことが可能です。

更に他のED治療薬と比較しても副作用の発生頻度が最も低く、安全に服用しつつも効果が持続できる点が人気の理由でしょう。

副作用が弱いと言うのは、成分が溶け出し身体に馴染むまで時間を必要とするためです。
つまり効果も他のED治療薬と比べ、マイルドで優しい勃起の特徴があります。

海外では金曜日の夜に服用して、日曜日まで効果が持続することから、ウィークエンドピルとも呼ばれているようです。
始めて服用するけど副作用が怖い、セックスのタイミングが計れないので困っている、そんな方にシアリスはピッタリのED治療薬です。

効果・効能

シアリスの効果はバイアグラ同様、血管を拡張してペニス周辺の毛細血管に血液を送り込み、勃起状態を維持する効果があります。

また、勃起だけを持続させるために、ペニスが萎えてしまう原因となるPED-5酵素を阻害し、邪魔者は排除、必要なものだけ取り入れて勃起を促す効果となっています。

上記でもお話ししましたが、シアリスは持続時間が長いと言うメリットがある点、効果を得るまでには3時間ほどの時間が必要です。
また他のED治療薬と比べ、食事制限が緩いと言うことから、多少であれば食事をしながらでも問題ありません。
約800キロカロリーまでは、問題ないと言われています。

副作用

シアリスの副作用としては、以下のような症状が挙げられています。

  • 顔のほてり
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 胃の不快感

基本的には他のED治療薬と同じ働きをするため、副作用も血管拡張によるものが大きいです。

ただ、シアリスの場合には成分が身体に馴染む時間が遅く、ゆっくりと溶け出しているため副作用の発生頻度も低く、弱いため過度の心配はしなくても大丈夫でしょう。

ただし身体の不調や、副作用が一向に良くならない場合には、医師に相談した方が良いです。
こちらも他のED治療薬同様に、副作用の発生は成分が身体に馴染んだ証拠なので、勃起しますよといったサインとして捉えられる事もできます。

成分

シアリスの有効成分はタダラフィルです。
タダラフィルはもともと、前立腺肥大の患者に使われていた医薬品で、今も勃起不全のほかにシアリスは前立腺の治療薬としても活躍しています。

臨床試験の段階で、前立腺肥大に悩む患者に投与を行ったところ、勃起症状を引き起こしたことから研究が進められてED治療薬としても扱われるようになりました。

シアリスの成分量は10mgと20mg、2種類ありますが比較的身体の小さい日本人は10mgでも十分効果を発揮すると言われています。

まとめ

シアリスは副作用の引き起こしにくさ、そして持続時間の長さからED治療薬を始めて服用する方も愛用者も万人受けするED治療薬と言えます。

また、ひとたび成分を吸収することができれば最大36時間効果を維持することができるので、食事はもちろん、デートなども気にせずに楽しむことができます。

シアリスも日本の医療機関で処方してもらうことは可能ですが、通院にかける時間やプライバシーの問題、費用などを考えると決して安いとは言えません。

通販サイトを利用すれば、シアリスは当然購入することができますし、日本では販売されていないシアリスと同じ成分を持つジェネリック医薬品を購入することもできます。
シアリスを今も使っている、初めてだからシアリスにしてみようかな、そんな方は通販サイトを利用することで誰にもバレずに購入することができます。

レビトラ

特徴

レビトラは2004年6月に国内で販売開始された、日本2番目のED治療薬です。
レビトラは2019年現在、医療機関でも在庫が確保できないほどの人気があるED治療薬で、人気の秘密はその即効性にあります。

バイアグラであれば1時間程度、シアリスは3時間程度効果を得るまでに必要な時間もレビトラは早い人で20分弱で効果を発揮します。

更に副作用も少なく、食事の影響も受けにくいジャンルに分けられています。
レビトラのパッケージに書かれている火のマークはマッチ棒に火が付く速さをイメージさせていることから、いかに開発会社であるバイエル社が自身に満ち溢れているかくみ取れるのではないでしょうか?

急を要するセックスに対応するとすればレビトラに勝るED治療薬はないと言えます。
このことから今すぐに勃起したい!だけどある程度の固さは欲しいと言ったED患者におススメと言えます。

効果・効能

レビトラの効果は色々なED治療薬の中でもトップクラスで効果を早く、20分程度で効き始めます。
固さはバイアグラに劣ってしまうものの、勃起力としても申し分なくバランスの取れたED治療薬です。

こちらも血管拡張作用があり、血液の巡りを良くすることで勃起に必要な血液量を海綿体まで運び、膨張させて勃起状態を維持します。

更に勃起状態を維持するために、EDの原因となるPED-5酵素を阻害し、勃起が衰えないようになります。

副作用

レビトラの副作用としては、以下のようなものがあります。

  • 顔のほてり
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 胃の不快感

レビトラもシアリス同様に、副作用は比較的少ないと言われています。
これらの症状は血管拡張したことにより、血液の巡りが良くなって引き起こす症状のため顔のほてりや動悸などが挙げられています。

どれも軽度なものとなりますが、副作用が続くようだったり、身体に異変を感じた場合には、すぐに医師に診てもらいましょう。

成分

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。
バルデナフィルは10mg、20mgと二種類ありますが、10mgでもその効果の強さから十分効果があると言われています。

20mgを服用することでより効果を強く体験することができますが、医薬品なので副作用の可能性も否めません。
始めて服用する場合には、まず10mgから服用を開始して、効果が弱いと言った場合にのみ増量してみましょう。

それでも効果がない場合には体質がバルデナフィルとマッチしないのかも知れません。
他のED治療薬などに切り替えるなど対策してみましょう。

まとめ

レビトラはその即効性と勃起力の力強さから、現在も在庫切れをしている医療機関が多発しているようです。
食事の影響を受けにくいと言われていることから、お酒なども適量であれば問題なく、雰囲気を楽しんだ後に服用しても効果を発揮します。

レビトラも日本国内で認可されている医薬品なので医療機関で入手することは可能ですが、そもそも在庫がありません。
そしてED治療薬特有の自由診療となり、価格も定かではないため高額になることは確実です。

通販サイトを利用すれば、レビトラの在庫を海外から入手することが可能です。
また、レビトラが仮に在庫切れでも通販サイトであれば、バルデナフィルのジェネリック医薬品を購入することもできます。

ジェネリックに抵抗がない、レビトラ以外は考えられない、すぐに勃起の効果を得たい、そんな方はレビトラを選ぶと良いでしょう。

ステンドラ

特徴

ステンドラはまだ日本で処方されていないED治療薬のため、認知度も低く聞いたことがない方も多いのではないでしょうか?
このステンドラ、実は紹介した御三家ED治療薬に食い込む勢いで勢力を上げ、第4のED治療薬として世界中で愛用されています。

2012年にアメリカで販売開始されてからは、愛用者を続々と増やし、違うED治療薬から乗り換えて服用する方も多いと言われています。
ED治療薬含め、大半の医薬品は海外で開発されていますが、ステンドラはもともと日本の田辺三菱製薬社が開発に乗り出し、その後アメリカの企業に譲渡したと言う過去があります。

そのため、他のED治療薬と違い、日本人に合う性質、用量などで開発されていることから日本人に合うED治療薬とも言われているのです。
始めてED治療薬を安全に服用したい方や、日本国内以外のED治療薬を試してみたい、なかなか自分に合うED治療薬がないと言った方には是非おススメしたいED治療薬です。

効果・効能

ステンドラの効果は御三家の薬と同じ働きをします。
勃起に必要な血液量を増やすために血管を広げ、たっぷりの血液量をペニスに運んで勃起を起こす。
その際に勃起の邪魔をするPED-5を阻害する、ここまでは同じです。

しかしここから違うのはまず即効性の速さ。
レビトラも早い方で20分程度、30分平均(個人差あり)と言われていますが、ステンドラは早い人で15分、持続時間もレビトラのように8時間などではなく、3時間~5時間程度と言われています。

そのため万が一副作用が辛い、と言った方でも比較的早く効果が抜けますし、早く効くため使い勝手も良い特徴があります。
セックスするためだけに作られた、それがステンドラの凄みとも言えます。

副作用

ステンドラの臨床試験では以下のような副作用が代表として挙げられています。

  • 目の充血
  • めまい
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 血圧の低下

主に血液の巡りが良くなることによって目の充血や鼻詰まりなどを引き起こします。
頭痛もこめかみ付近にある神経を血管が膨張することで圧迫し、伴うと言われています。

どれもこのような血管拡張に関わる副作用ですが、他のED治療薬同様に、ステンドラが身体に馴染みましたと言うサインとしてとらえ、これを目安に勃起するかどうかを確認しましょう。

成分

ステンドラの有効成分はアバナフィルです。
開発を始めた段階は日本の企業が手掛けたと言うこともあって、日本人に馴染みやすい成分構造になっています。

用量が100mgと200mgの2種類となっており、100mgでも十分な効果を得ることができます。
日本人と比較して体格の大きい海外の方に向けて200mgも用意されているだけなので、個人差によって用量を変更しましょう。

またアバナフィルはシアリスほどではありませんが食事やお酒の影響を受けにくいとされています。
飲みすぎ、食べ過ぎは効果が出なくなってしまう恐れがありますが、適量に留めておけば問題ないでしょう。

まとめ

ステンドラは日本国内ではまだ未認証のED治療薬となっているため、欲しくても医療機関で入手することはできません。
つまり購入したい場合には個人輸入代行サイトを使って購入する必要があります。

ステンドラは既に日本以外でもアジアでは韓国などで取り扱われており絶大な人気を誇っています。
通販サイトを使えば、医療機関に行かなくても購入することができるので、通院費や処方箋代、薬代金の削減にも繋がります。
また、人と顔を合わせなくても良いためプライバシーも守られて一石二鳥です。

日本で流通する御三家で何かしら不満がある方、初めてのED治療薬を試す方、即効性、そして副作用を引き起こしたくない方はステンドラ一択でしょう。

総括

日本だけでなく、世界的にも有名なED治療薬の詳細をお話しさせていただきました。

バイアグラ、シアリス、レビトラ、ステンドラ、どれもそれぞれに特徴があり、使う用途も違えば体質も違うため、個人に合ったED治療薬を選択する必要があります。
是非参考にどれを使うべきか、しっかりと見定めてEDを解消し、セックスを楽しみましょう。