日本国内でも流通し、人気の高いED治療薬レビトラ。
実は日本国内で出回っているレビトラは先発薬となっており、安値で同じ効果を持つジェネリック医薬品はまだ日本では認可されていません。

そのため国内でレビトラを愛用する人は、自由診療となる高額な診察代、処方箋代、更には通院費などをかけて購入していることになります。

更に今は医療機関に出向いてもレビトラの人気から在庫を切らしている機関も多く、入手することが困難です。
そんなレビトラを今日は通販サイトで購入するメリット、そしてそのサイトにはレビトラのジェネリック医薬品があることなどをまとめました。

通販サイトでレビトラを購入することで高額な医療費削減に繋がりますので、是非読んでみてくださいね。

レビスマ

まず紹介させていただきたいのがレビトラのジェネリック医薬品「レビスマ」
そもそも日本ではレビトラのジェネリックは輸入禁止されていますが、海外ではレビトラのジェネリック医薬品はむしろ当たり前のように販売されています。

レビスマは有効成分バルデナフィルを配合したED治療薬です。
ジェネリック医薬品なので当然ではありますが、もちろんレビトラと同じ働きをします。

レビスマを販売している製造会社、Lecmaz(レクメズ)社はインドに拠点を置く製薬会社です。
インドと言えばジェネリック大国として有名で、海外の貧しく治療の受けられない人たちのために国境なき医師団たちが利用する医薬品を提供している大国でもあります。

そんなジェネリック大国インドの中でも、レクメズ社は日本人を監修に置いて、より製品の管理・品質において監修し、服用者の配慮を行っている特徴があります。
日本と言う国は、医薬品に関して非常に厳しく、海外で実績のある医薬品であってもしっかりとした調査、監視、検査を行わなければ販売は一切しません。

そんな厳しい日本人が監修していることもあり、インドのジェネリック医薬品と言えばレクメズ社と言っても過言ではないでしょう。

効果・効能

レビスマの有効成分は「バルデナフィル」です。

バルデナフィルは血管を拡張させて、血液循環を良好にし、ペニス周辺の毛細血管へと血液を集めて、海綿体と呼ばれる部位に血液を送ります。
この海綿体はスポンジ状のふわふわした部位で、血液を十分に含むことで膨張し、その膨張こそが「勃起症状」として現れます。

また、EDの原因として大きなのが、勃起の妨げを行うPED-5(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれる酵素です。
勃起状態の男性の身体は、勃起に必要なグアノシン一リン酸と言う成分を分泌しています。

このグアノシン一リン酸は言わば、自分で血管を拡張する役割を果たすため、正常の身体であればそのまま勃起へと繋がりますが、EDの方はグアノシン一リン酸よりも同時に分泌しているPED-5に負けてしまいます。

バルデナフィルは血管を拡張し、勃起のアシストをするだけでなく勃起の邪魔者であるPED-5を阻害し、スムーズに勃起を起こすことができます。

バルデナフィルはバイアグラやシアリスと違い、成分が溶けやすく体に馴染みやすい特徴があります。
そのため効果を得るまでに時間がかからず20分~30分もあれば効果を発揮し、服用する用量にもよりますが6~8時間程度は効果を保つことができます。

副作用

レビスマの主な副作用は以下のようなものが挙げられます。

  • 血管が拡張されることによる血圧の低下
  • 目の充血
  • 顔のほてり
  • 動悸
  • 鼻づまり
  • 頭痛

どれも血管が拡張されることで血流がよくなって起こる症状のため、バルデナフィルの効果が薄まると同時に緩和されます。
持続時間を経過しても長時間続いてしまう場合には、医療機関を受診してください。

まれに起こる重篤な副作用としては以下のようなものがあります。

  • 非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)
  • 持続勃起症(プリアピズム)

また、レビスマの効果が効いているか分からない、そんな方は副作用であるこれらの症状を目安にしてみてください。
副作用が生じていると言うことは、しっかり身体に成分が馴染んでいる証拠ともとらえることができます。

まとめ

レビスマは日本国内では購入することのできないレビトラのジェネリック医薬品です。
通販サイトを使えば商品代金のみで購入することが可能となっています。
ジェネリックなので、同じ成分となっていながら薬代を約4/1に抑えることができ、診察を受けることなく自宅に配送されてきます。

  • 医療機関に出向く手間を省くことができる
  • 金額を最大限抑えることができる
  • プライバシーを守ることができる

今現在レビトラを処方されずに困っている方や、どのジェネリックにしようか迷っている方はレビスマを試してみてはいかがでしょうか。

スーパーレビスマ

スーパーレビスマは上で紹介したレビスマに「ダポキセチン」と言う成分を配合したED治療薬です。
このダポキセチンはEDと同時に発症しやすいと言われている早漏に効果のある成分です。

早漏は男性の性問題第2位として、世界的に認められておりますが日本ではこの早漏問題を解決するために明確な治療法が確立されていません。

実際に早漏で悩み、医療機関に出向いたとしても、興奮しすぎないように視線をそらしてみてください。
ピストン運動を緩めてください、トレーニングを実施してくださいなど早漏を改善するための医薬品がありません。

しかし海外では神経伝達を鈍くさせるダポキセチンが有効で、その成分がこのスーパーレビスマには含まれているのです。
つまりEDだけを解消するためにはレビトラで問題ありませんが、EDでかつ早漏も患ってしまっている方には、スーパーレビスマが非常におススメです。

効果・効能

スーパーレビスマにはレビスマ同様にバルデナフィルが配合されているため、勃起を引き起こすメカニズムは変わりません。

早漏を改善するためのダポキセチンはセロトニン再取込阻害薬と言う抗うつ剤として使われておりますが、早漏にも効果があると臨床試験で判明しています。
早漏の問題は人それぞれです。

極度の興奮によって射精が早まってしまう人や、ペニスが敏感で刺激が強く感じてしまうなどが理由に挙げられますが、ダポキセチンが有効なのは、前者である「極度の興奮、緊張によって射精が早まってしまう方」に対し、効果を発揮します。

これはダポキセチンの成分が脳の興奮を抑える効果があるためです。
男性はまず興奮を脳で感じ取り、脳の神経伝達を経てペニスへと刺激をもたらしますが、早漏の人はこの興奮が人よりも刺激を強く感じ取ってしまいます。

ダポキセチンはこの興奮を静めることで、急速に早まってしまう射精を抑えることができるのです。

副作用

スーパーレビスマの主な副作用は以下のようなものが挙げられます。

  • 血管が拡張されることによる血圧の低下
  • 目の充血
  • 顔のほてり
  • 動悸
  • 鼻づまり
  • 頭痛

どれも血管が拡張されることで血流がよくなって起こる症状のため、バルデナフィルの効果が薄まると同時に緩和されます。
また、ダポキセチンによりセロトニン濃度が高まることで副交感神経が活発になり、これらを引き起こします。
持続時間を経過しても長時間続いてしまう場合には、医療機関を受診してください。

まれに起こる重篤な副作用としては以下のようなものがあります。

  • 非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)
  • 持続勃起症(プリアピズム)

また、スーパーレビスマの効果が効いているか分からない、そんな方は副作用であるこれらの症状を目安にしてみてください。
副作用が生じていると言うことは、しっかり身体に成分が馴染んでいる証拠ともとらえることができます。

まとめ

スーパーレビトラはレビトラ同様に医療機関に出向いたとしても処方されることはありません。

EDと早漏はとても親密な関係にあり、ED患者の2人に1人が早漏でパートナーが不満を抱えているとも言われています。
トレーニングや練習でペニスを鍛えて効果があるか?と言われれば、ないとは言えませんが筋トレと同様に長期的な時間を必要とします。

海外ではダポキセチンによる早漏問題が解決されているので、EDと早漏を同時に解決したいと願う方は絶対に入手しておきたい治療薬です。

バリフ

バリフは数あるレビトラのジェネリックの中でも知名度の高い医薬品です。
海外ではレビトラのジェネリックといえば?「バリフ!」と即答が返ってくるのではないかと言うほど認知されている商品です。

製造販売を行うアジャンタファーマ社は、レクメズ社同様にインドのムンバイに拠点を構える製薬会社です。

1973年に設立し、今もなお世界中にジェネリック医薬品を展開していることを考えると約50年の歴史ある企業であることから信頼性は抜群と言えます。

バリフを知らない方でも「カマグラ」は聞いたことがあるのではないでしょうか?
カマグラシリーズは数多くのED治療薬を展開しており、実際日本でも数少ないED治療薬のジェネリック医薬品として処方される1つですが、このカマグラシリーズも作っているのがこのアジャンタファーマ社なのです。

この企業が展開するジェネリック医薬品は品質と実績に定評のある、極めて高度な医薬品として知られています。

効果・効能

バリフにはスーパーレビスマのような早漏を解決するダポキセチンは含まれていません。
ナチュラルにバルデナフィル100%配合のED治療薬です。

バルデナフィルは血管を拡張して、陰茎内部にある海綿体へ十分な血液量を運び、膨張した海綿体は勃起へと繋がる仕組みです。

また勃起している間に分泌されてしまう、勃起を静める物質PED-5も同時に阻害してくれるので、確かな勃起を手にすることができます。

副作用

バリフの主な副作用は以下のようなものが挙げられます。

  • 血管が拡張されることによる血圧の低下
  • 目の充血
  • 顔のほてり
  • 動悸
  • 鼻づまり
  • 頭痛

どれも血管が拡張されることで血流がよくなって起こる症状のため、バルデナフィルの効果が薄まると同時に緩和されます。
持続時間を経過しても長時間続いてしまう場合には、医療機関を受診してください。

まれに起こる重篤な副作用としては以下のようなものがあります。

  • 非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)
  • 持続勃起症(プリアピズム)

また、バリフの効果が効いているか分からない、そんな方は副作用であるこれらの症状を目安にしてみてください。
副作用が生じていると言うことは、しっかり身体に成分が馴染んでいる証拠ともとらえることができます。

まとめ

バリフも同様に日本国内では購入・処方を受けることができません。
レビトラを今も愛用し、レビトラ以外は副作用が強く出てしまう、一番自分に合っていると言った方もいることでしょう。
しかし医療費が高くなってしまったり、今では入手困難なレビトラはなかなか手に入れることができません。

そんな方はバリフを1度試してみてください。
同じバルデナフィルを配合しているので、効果の違いもなく安値で購入でき、更には通院の手間も省ける、この上ない条件で購入することができますよ。
さて、わたしが本当におススメしたいレビトラのジェネリック3種類を紹介させていただきました。

総括

レビトラは現在色々な医療機関に問い合わせても在庫がなく、私の調査によると販売会社であるバイエル社が製造を中止しているようです。

つまり仮に在庫がわずかながらにあったとしても、自国の流通で止まってしまい、日本国内に入る見込みもまだまだ薄いとのことです。

そんなレビトラを通販サイトであれば、簡単な操作で購入することができます。

  • 今高い高額費用を払って医療機関に行っている方
  • レビトラがないから他のED治療薬を使っている方
  • これからED治療薬を試してみようと思っている方
  • これらすべての方に対して、レビトラのジェネリックは本当におススメできるお薬だと言うことができるでしょう。